Lesson9 アクセント確認

2024年4月17日

テーマ

アクセントの基礎を理解しよう

アクセントとは

単語一つとっても各地でアクセントに違いがあります。

よく比較されるのが「柿」と「蛎」や「箸」「橋」などです。

「蛎」や「箸」は頭高、「柿」や「橋」は尾高です。

この違いは育った地域や両親の言葉教育、住む地域によって異なってきます。

効果

話し手が共通のアクセントになってないと聞いている人が違和感を覚えることもあります。

アクセントを修正することで「日本語」の使い方が上達します。

練習方法

まず、自身のアクセントの「違和感」をどう確認するか?です。

そのためにはアナウンサーやナレーターの読み方を「聴く」ことから始まります。録音して何度も聞き返すことをお勧めします。

さらに原稿を起こして一緒に読んでみると違和感になるところがあればそこをひとつひとつ変えていくことです。

大変な練習に思えますが、徐々に改善スピードは速くなりいつの間にか共通のアクセントになっています。

まとめ

国内旅行で旅先のローカルテレビやラジオを聞いてみると自分と違うアクセントで話していることに気が付きます。

これはこれで「キャラクター」ということでいいと思います。

ただ、声の仕事に就きたい人はまず、共通のアクセントになることが重要です。

YouTube講習

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2024年4月17日

Posted by otake