外郎売~滑舌が強くなるボイストレーニング~動画あり

2024年4月17日

テーマ

滑舌を強くする練習

外郎売について

ここでは外郎売の歴史などは省きます。

詳細を知りたい方はこちら

外郎売は声を使う職業の人で知らない人は一人もいないといってもいいでしょう。

効果

滑舌がかなり上達します。これによって文書の読み方も歯切れがよくなります。

読み手は滑らかに文書を読めますし聞き手も非常にクリアーに聞こえるようになります。

練習方法

簡単に言えば日本一長い早口言葉かもしれません。これだけ長い早口言葉が話せるようになると滑舌がかなり良くなります。以下に、外郎売を記しておきます。また読みづらいところはルビを振ってあります。

ただし、一部で読み方が違うこともあります。目的は外郎売を意味を理解して歴史を知ってではなくあくまで滑舌をよくするものだと思ってください。

外郎売

拙者(せっしゃ)親方おやかたもうすは、御立会(おたちあい)うち御存知ごぞんじ御方(おかた)御座ござりましょうが、御江戸おえどって二十里上方にじゅうりかみがた相州小田原一色町そうしゅうおだわらいっしきまち御過おすぎなされて、青物町あおものちょうのぼりへ御出で(おいで)なさるれば、欄干(らんかん)(ばし)虎屋(とらや)()()衛門(えもん)只今ただいまでは剃髪(ていはつ)いたして(えん)(さい)名乗なのりまする。

元朝(がんちょうより大晦日(おおつごもり)まで御手おてれまするくすりは、むかし珍の国ちんのくに唐人外郎とうじんういろう云う人いうひとちょうたり。

(みかど)参内さんだいから此の薬このくすりふかき、もちうるとき一粒いちりゅうずつかんむり隙間すきまよりだす。

ってそのみかどより「(とう)(ちん)(こう)」とたまる。

すなわ文字もんじにはいただき・く・においいて透頂香とうちんこうもうす。

只今ただいまでは此の薬このくすり殊の外ことのほか世上せじょうひろまり、方々ほうぼう偽看板にせかばんだし、イヤ小田原おだわらの、灰俵はいだわらの、さんだわらの、炭俵すみだわらのと色々いろいろもうせども、平仮名ひらがなって「ういろう」としるせしは親方おや圓斎えんさいばかり。

もしや御立会おたちあいうちに、熱海あたみ塔ノ沢とうのさわ湯治とうじ御出おいでなさるるか、また伊勢御参宮いせごさんぐうおりからは、かなら門違かどちがいなされまするな。

御上おのぼりなればみぎかた御下おくだりなれば左側ひだりがわ八方はっぽうむね(おもて)むね玉堂造ぎょくどうづくり破風はふにはきくきり(とう)御紋ごもん御赦免ごしゃめんあって、系図正けいずただしきくすり御座ござる。


イヤ最前さいぜんより家名かめい自慢じまんばかりもうしても、御存知無ごぞんじなかたには正真しょうしん胡椒こしょう丸呑まるのみ、白河夜船しらかわよふね、されば一粒いちりゅう食べ掛たべかけて、その気味合きみあいを御目おめけましょう。

此の薬このくすり斯様(かよう)一粒舌いちりゅうしたうえせまして、腹内ふくないおさめますると、イヤどうもえぬわ、しんはいかんすこやかにりて、薫風(くんぷう)(のんど)よりたり、口中微涼こうちゅうびりょうしょうずるがごとし。

魚・鳥・茸・麺類ぎょちょうきのこめんるいわせ、その他万病即効在ほかまんびょうそっこうあこと神の如かみのごとし。

さて此の薬このくすり第一だいいち奇妙きみょうには、したまわことぜにごまが裸足はだしげる。

ヒョッとしたまわすとたてたまらぬじゃ。


そりゃそりゃそらそりゃ、まわってたわ、まわってるわ。

アワヤのんど、サタラナぜつカ牙サ歯音かげさしおん、ハマのふたつはした軽重けいちょう

開合爽かいごうさわやかに、アカサタナハマヤラワ、オコソトノホモヨロヲ。

ひとつへぎへぎに、へぎし・はじかみ、盆豆ぼんまめ盆米ぼんごめ(ぼん)牛蒡(ごぼう)(てき)(たで)(てき)(まめ)(てき)山椒(さんしょう)書写山しょしゃざん社僧正しゃそうじょう

小米こごめ生噛なまがみ、小米こごめ生噛なまがみ、こん小米こごめのこ生噛なまみ。

繻子(しゅす)緋繻子(ひじゅす)繻子(しゅす)(しゅ)(ちん)

おや嘉兵衛かへい嘉兵衛かへい親嘉兵衛おやかへい子嘉兵衛こかへい子嘉兵衛こかへい親嘉兵衛おやかへい

古栗ふるくり古切ふるきくち雨合羽あまがっぱ番合羽ばんがっぱか。

貴様きさま(きゃ)(はん)革脚絆かわぎゃはん我等われら脚絆きゃはん革脚絆かわぎゃはん

(しり)(かわ)(はかま)のしっ綻び(ほころび)を、三針針長みはりはりながにちょとうて、うてちょとぶんせ。

河原撫子かわらなでしこ野石竹のせきちく野良如来のらにょらい野良如来のらにょらい三野良如来みのらにょらい六野良如来むのらにょらい

一寸先いっすんさき御小仏おこぼとけ御蹴躓(おけつまず)きゃるな、細溝ほそにどじょにょろり。

きょう生鱈なまだら奈良生真名鰹ならなままながつお、ちょと四五貫目しごかんめ

御茶立おちゃたちょ、茶立ちゃたちょ、ちゃっとちょ。茶立ちゃたちょ、青竹あおたけ茶筅(ちゃせん)御茶おちゃちゃっとちゃ。


るわるわなにる、高野こうややま御杮(おこけら)小僧こぞう狸百匹たぬきひゃっぴき箸百膳はしひゃくぜん天目百杯てんもくひゃっぱい棒八百本ぼうはっぴゃっぽん

武具、馬具ぶぐばぐ武具馬具ぶぐばぐ三武具馬具みぶぐばぐ、合わせて武具馬具ぶぐばぐ六武具馬具むぶぐばぐ

きくくり菊栗きくくり三菊栗みきくくりわせて菊栗きくくり六菊栗むきくくり

むぎごみ麦塵むぎごみ三麦塵みむぎごみわせて麦塵むぎごみ六麦塵むむぎごみ

あの長押(なげし)長薙刀(ながなぎなた)長薙刀ながなぎなたぞ。

こうの胡麻殻ごまがら胡麻殻ごまがら真胡麻殻まごまがらか、あれこそほん真胡麻殻まごまがら

がらぴぃがらぴぃ風車かざぐるまきゃがれ小法師こぼうしきゃがれ小法師こぼうし昨夜こんやこぼしてまたこぼした。

たぁぷぽぽ、たぁぷぽぽ、ちりからちりから、つったっぽ、たっぽたっぽ()(ちょう)(たこ)ちたらお、てもいてもわれぬものは、五徳ごとく鉄灸てっきゅう()(かなぐま)童子(どうじ)に、石熊いしくま石持いしもち虎熊とらくま虎鱚とらきす

なかでも東寺(とうじ)羅生門らしょうもんには、茨木童子いばらきどうじ腕栗五合掴うでぐりごんごうつかんでおむしゃる、()頼光らいこう膝元去ひざもとさらず。


(ふな)金柑きんかん椎茸しいたけさだめて後段(ごだん)な、蕎麦切そばぎり・素麺そうめん饂飩(うどん)愚鈍ぐどん小新発(こしんぼ)()

小棚こだな小下こした小桶こおけ小味噌こみそ小有こあるぞ、小杓子小持こしゃくしこもって(すく)って小寄こよこせ。

おっと合点がてんだ、心得(こころえ)田圃(たんぼ)川崎・神奈川・程ヶ谷・戸塚かわさきかながわほどがやとつかってけば、(やいと)擦り剥く(すりむく)三里さんりばかりか、藤沢・平塚・大磯ふじさわひらつかおおいそがしや、小磯こいそ宿やどななきして、早天早々そうてんそうそう相州小田原そうしゅうおだわら透頂香とうちんこう

かく御座ござらぬ貴賎(きせん)群衆(ぐんしゅう)の、はな御江戸おえどはなういろう。

アレあのはなて、御心おこころ御和おやわらぎやとう、産子うぶご(這子(はうこ)いたるまで、外郎ういろう御評判ごひょうばん御存ごぞんいとはもうされまいまいつぶり、角出つのだ棒出ぼうだせぼうぼうまゆに、臼杵(うすき)擂鉢(すりばち)ばちばち桑原桑原桑原ぐわらぐわらぐわらと、羽目はめはずして今日御出こんにちおいでの(いずれ)()(さま)に、げねばならぬ、らねばならぬと、いきせい引っ張りひっぱり東方世界とうほうせかいくすり元締(もとしめ)薬師如来やくしにょらい照覧しょうらんあれと、ホホうやまって外郎ういろうはいらっしゃりませぬか。

まとめ

これは毎日のルーティーンです。

自分なりに練習方法を決めて日々練習を重ねることでどんどんきれいな滑舌・発声になります。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2024年4月17日

Posted by otake