インタビュー上達の秘訣は相手の本音を引き出すこと!

2023年10月21日講師Blog,練習

はじめに

本記事では、相手の考えを引き出せない人に向けて、インタビュー上達のための方法をご紹介します。相手とのコミュニケーションにおいて、言葉のキャッチボールがどれほど重要な要素であるか、そして実践的なテクニックやポイントを解説していきます。

インタビューとは、「相手の本音を引き出す」という一つの目的を持った対話です。そのためには、相手が自分自身を開放し、心から話せるような雰囲気を作り出すことが必要です。次に紹介するテクニックを実践することで、あなたも自信を持って対話できるようになるでしょう。

  1. マイクを意識した声の使い方

インタビューでは、自分の声が相手にしっかりと届くように意識しましょう。マイクを使って話す場合は、適切な距離と角度でマイクに向かって話すことが重要です。また、声のトーンやリズムにも注意しましょう。相手にとって聞きやすい声であり、情報や感情が伝わるような話し方を心掛けましょう。

  1. 相手に興味を持ち、積極的に質問するテクニック

相手の本音を引き出すためには、相手に対して興味を持ち、積極的に質問することが重要です。相手の話に共感したり、深く追及したりすることで、相手も自分の思考を明確にしたり、本音を話す意欲を感じることができます。質問は相手の興味や関心に合わせ、専門的な知識や経験を生かすことで、より深い対話が生まれるでしょう。

  1. フリートークを通じたリラックスした雰囲気作り

インタビューが緊張感に包まれていると、相手が自由に話すことができません。リラックスした雰囲気を作るためには、フリートークを活用しましょう。相手が自由に話せるような話題を用意し、笑いや軽い会話を交えながら、リラックスした空気を作り出しましょう。相手が自分自身を開放し、本音を話しやすくなるでしょう。

  1. ボディランゲージや表情の活用法

相手の本音を引き出すためには、言葉以外のコミュニケーション手段も活用しましょう。ボディランゲージや表情を使って相手の感情や意図を読み取り、それに寄り添った質問や反応をすることで、対話がより深まるでしょう。相手の表情やボディランゲージに敏感になり、それを凝視しながら対話をすることで、相手の本音に近づくことができます。

  1. 無意識のサブコミュニケーションに注意するポイント

相手の本音を引き出すためには、無意識のサブコミュニケーションにも注意が必要です。自分が相手に対してどのような印象を与えているか、相手がどのような反応を示しているかなど、相手の非言語的なサインに敏感になりましょう。また、自分自身の言葉遣いや態度にも注意し、相手が安心して自分自身を表現できる空間を作ることが重要です。

まとめ

本記事では、相手の本音を引き出すために必要なテクニックやポイントについて解説しました。マイクの使い方や声かけのテクニック、フリートークを通じたリラックスした雰囲気作りなどを意識することで、誰でも自信を持って対話できるようになるでしょう。相手の思考を引き出すコミュニケーション力を高めるために、ぜひ今回の内容を活用してみてください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2023年10月21日講師Blog,練習マイク,キャッチボール講師Blog,練習,マイク,キャッチボール

Posted by otake