【原因分析】抑揚が変になってしまう3つの理由と対策法

2023年10月21日

はじめに

ここでは、「抑揚が変になってしまう原因」について詳しく解説していきます。プレゼンやスピーチの場で緊張し、抑揚よりも字面に気を取られてしまう方々へのサポート情報を提供します。抑揚の使い方で魅力的な表現ができるようになりたいあなたにおすすめです。

1) 原因1: 緊張からくる音声の抑揚変化

緊張しているときには、自然な抑揚を保つことが難しくなります。声が震えることや、なんだか声が変な抑揚になってしまうこともあります。これは、緊張による身体の反応なのです。

対策法の提案:
・練習を積むこと:練習を重ねることで、自然な抑揚を保つことができるようになります。声のトーンやリズムを意識して練習しましょう。
・リラックス方法の取り入れ:本番前にリラックスすることで、緊張を抑えることができます。深呼吸やストレッチなど、あなたに合ったリラックス方法を見つけましょう。

2) 原因2: 字面に過度に気を取られること

プレゼンやスピーチの場では、意識していることが多くなってしまいがちです。そのため、抑揚よりも字面に気を取られてしまい、自然な抑揚が出せなくなってしまいます。

対策法の提案:
・自分を信じること:自分の表現力や伝えたいメッセージに自信を持ちましょう。字面に気を取られる前に、自分自身を信じて話すことが大切です。
・話す内容に集中すること:意識を字面から話す内容にシフトさせることで、抑揚を自然に出せるようになります。リハーサルを通じて話す内容を理解し、しっかりと頭に入れましょう。

3) 原因3: 状況による抑揚の変化

場の雰囲気や相手の反応によって、自然な抑揚が変わってしまうこともあります。緊張や状況によって、抑揚が上手くコントロールできないことがあります。

対策法の提案:
・バラエティ豊かな練習をすること:様々な場面での練習をすることで、状況による抑揚の変化に慣れることができます。さまざまなシチュエーションでの練習を通じて、自分の抑揚の幅を広げましょう。
・相手の反応を意識すること:相手の反応を感じ取りながら話すことで、抑揚を適切にコントロールすることができます。相手に話が伝わるように、意識して抑揚を調整しましょう。

まとめ

本記事では、抑揚が変になってしまう原因を3つ挙げ、それぞれの対策法を提案しました。抑揚の適切な使い方はコミュニケーション力向上につながるため、ぜひ試してみてください。プレゼンやスピーチで自分の意見やメッセージを魅力的に伝えることができるようになりますよ!

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2023年10月21日講師Blog,練習,緊張,イントネーション,抑揚

Posted by otake