【アクセントの頭高、中高、尾高、平板の覚え方】を学ぼう!アクセントをマスターして、方言やイントネーション、訛りに自信を持とう!

2023年10月20日

はじめに

アクセントの使い方は、言葉のイントネーションや発音に直結する重要な要素です。特に方言や訛りのある地域では、正しいアクセントの使い方がより重要となります。そこで、本記事ではアクセントの頭高、中高、尾高、平板の覚え方について解説します。アクセントが苦手な方々にとって、役立つ情報を提供することを目指します。

アクセントの頭高、中高、尾高、平板の覚え方について、一般的な日本語のアクセントパターンを理解するのに役立つ方法は以下の通りです。

頭高(アクセントの頭が高い)

まず、頭高アクセントです。このパターンでは、言葉の最初の音節が明確に高い音となります。例えば、「明石」という言葉の「あ」の部分が頭高アクセントです。頭高アクセントを使う際は、最初の音節をしっかりとアクセント付けて発音することがポイントです。覚える方法として、頭が高いので、言葉の始まりが目立つと考えることができます。例: 「さくらんぼ」、「たなか」(中高校)

中高(アクセントの中が高い)

「中高」のアクセントは、中間の音節が高く、それ以前とそれ以後の音節が低いパターンです。覚える方法として、中央部分が高いので、「中央でピークがある」と考えることができます。このパターンでは、言葉の中間の音節が高くなるように発音します。例えば、「からい」という言葉の「ら」の部分が中高アクセントです。中高アクセントを使う際は、中間の音節を強調して発音することが大切です。

尾高(アクセントの尾が高い)

「尾高」のアクセントは、最後の音節が高く、それ以前の音節が低いパターンです。覚える方法として、終わりが高いので、「最後が目立つ」と考えることができます。このパターンでは、言葉の最後の音節が高い音となります。例えば、「茎(くき)」という言葉の「き」の部分が尾高アクセントです。尾高アクセントを使う際は、最後の音節をアクセント付けして発音することが鍵となります。

平板

「平板」のアクセントは、各音節の高さがほぼ同じで、特定の音節が高くならないパターンです。覚える方法として、平らな道路やテーブルの表面をイメージできます。例: 「とけい」(時計)、「さしみ」(刺身)。このパターンでは、言葉の全ての音節が同じ高さで発音されます。例えば、「とけい」という言葉の「と」「けい」の部分が平板アクセントです。平板アクセントを使う際は、全ての音節を均等な強さで発音することが大切です。

これらのアクセントパターンを覚える際には、言葉の音を正確に聞き、音節を区別しましょう。また、練習を通じて正しい発音を身につけるのに役立つでしょう。日常会話や文章を読む際に、アクセントを意識的に練習することで、正しいアクセントの覚え方が身につきます。

まとめ

アクセントの使い方には地域ごとの特徴がありますが、基本的なパターンを覚えておくことは大切です。方言やイントネーション、訛りのある地域では、正しいアクセントの使い方が意思疎通をスムーズにするために不可欠です。この記事を参考にして、アクセントの使い方をマスターしましょう!方言やイントネーション、訛りでのコミュニケーションを円滑にすることで、自信を持って話すことができるようになります。アクセントの使い方を学び、魅力的な話し方を身につけましょう!

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2023年10月20日講師Blog,練習イントネーション,中高,頭高,平板,尾高

Posted by otake