アクセントが難しい!? 標準語の数字について解説します!

2024年5月2日講師Blog,練習

はじめに

皆さんは、標準語の数字のアクセントを正確に発音できていますか?標準語の数字のアクセントについて疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

標準語の数字のアクセントについて詳しく解説します!

標準語の数字のアクセントの特徴や注意点

数字1〜10までのアクセントの例を挙げると、1は「ひと」、2は「ふた」、3は「み」と続きます。アクセントは単語によって変わってくるため、しっかりと覚える必要がありますね。

しかし、アクセントが難しいのは11以上の数字です。11は「じゅういち」、12は「じゅうに」、13は「じゅうさん」と続きますが、数字が増えるにつれてアクセントのルールが複雑になってきます。

例えば、アクセントが後ろに寄ることもありますし、アクセントがまったくないこともあります。アクセントを意識することで、より自然な日本語を話すことができます。

アクセントを正確に発音するための練習方法やコツ

例えば、アクセントの強弱や高さを意識してみることや、日本語のアクセントを聞きながら練習することがおすすめです。

標準語の数字のアクセントは必ずしも難しくはありません。正しいルールを知って、実践することで上達できます。日本語を勉強している人や日本語の発音に悩んでいる人におすすめの記事です。アクセントのルールを知りたい人必見の内容です!

アクセントが難しい!? 標準語の数字について解説します!ぜひ、以下の動画を参考にしてみてください!

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2024年5月2日講師Blog,練習数字,アクセント講師Blog,練習,数字,アクセント

Posted by otake