『局アナからフリーアナウンサーへの転身メリットデメリット』-アナウンサーの可能性を広げる新たな一歩-

2023年10月20日講師Blog,エンタメ

はじめに

最近では、放送局のアナウンサーからフリーアナウンサーへの転身を考える方が増えてきています。放送業界で培った経験とスキルを活かし、自身のキャリアを広げる道を模索しているのでしょう。ここでは、局アナがフリーアナウンサーに転職する際のメリットとデメリットについて詳しく解説いたします。

【局アナがフリーに転職するメリット】

なかなか一般の人には知られていない局アナとフリーアナですが、特にここ最近放送局を退社し、新たな道を築いていこうとするアナウンサーが増えています。そのことを踏まえアナウンサーの光と影をご紹介します。

①自由なスケジュールと働き方の選択肢

放送局のアナウンサーとして働くと、厳しいスケジュールに縛られることが多いです。しかし、フリーアナウンサーに転身すると、自由なスケジュールや働き方が選べるようになります。自分の時間を自由に使いたい局アナや、充実したプライベートを送りたい局アナにとっては、大きなメリットとなるでしょう。

②キャリアの幅を広げるチャンス

放送局のアナウンサーとして活躍することで培った経験やスキルは非常に貴重です。フリーアナウンサーに転身することで、自身のキャリアの幅を広げることができます。テレビやラジオ、イベント司会など、様々な媒体や場面で活動することで、新たなスキルや経験を積み、魅力的なアナウンサーとしてさらに成長した人は非常に多くいます。

③収入の向上や収入源の多様化

フリーアナウンサーに転職することで、収入の向上や収入源の多様化が期待できます。放送局のアナウンサーとして活躍する場合、収入は安定しているものの、一方で上昇余地は限られています。一方でフリーアナウンサーとして活動することで、案件や仕事の幅が広がり、収入のチャンスも増える可能性が大です。

【局アナがフリーに転職するデメリット】

今が退職のチャンスと勘違いしてフリーになってみたものの・・・という元局アナ?もかなり多くいます。「前いたよね~」「最近見ないね~」などと言われる人もいます。局アナが転職するということはリスクが非常に高いのも事実です。

①不安定な収入と仕事の不安定性

フリーアナウンサーに転身すると、一定の収入が安定しづらいというデメリットがあります。放送局のアナウンサーとして働く場合、安定した給与を受け取ることができますが、フリーアナウンサーの場合は仕事の依頼や契約によって収入が決まります。そのため、不安定な収入と仕事の不安定性に対応できるかどうかがその人の人生を決めます。

②自己責任の増加と仕事量の増加

フリーアナウンサーに転身すると、自身の仕事量やスケジュールを自ら管理しなければなりません。放送局のアナウンサーとして働く場合は、スタッフや制作チームに支えられながら仕事を進めることができますが、フリーアナウンサーとして活動する場合は、自己責任の増加と仕事量の増加が待ち受けています。

③独自のブランドを築く難しさと競争の激化

フリーアナウンサーに転身すると、自身をブランディングする必要があります。局アナとして活動していた場合は、放送局の名前や信頼性がバックアップとなり、案件の獲得も比較的しやすかったでしょう。しかし、フリーアナウンサーとなると、自身の独自性や個性をアピールする必要があります。また、競争も激化しており、数多くのアナウンサーと肩を並べることになります。

【成功するフリーアナウンサーとは】

人気だけでは、フリーになると一気に墜落?もあります。成功するのは10人に一人とも100人に一人ともいわれています。

①充分な情報収集

フリーアナウンサーへの転職を考える場合は、充分な情報収集をしているかどうかが重要になってきます。市場の需要やトレンド、競合他社の動向などを把握し、転身を成功させるための戦略を考えているかどうかです。人気に乗じて一気にフリーになると思わぬ落とし穴が待っています。

②自己PRと独自のブランディング戦略の構築

フリーアナウンサーとして転身するためには、自己PRと独自のブランディング戦略を構築することができるかどうかが重要です。自身の特徴や強みを見極め、他のアナウンサーと差別化するための戦略があるかどうかでフリーの世界で生きていけるかどうかが決まります。

③継続的な学習とスキルの磨き

アナウンサーとしての魅力を高めるためには、継続的な学習とスキルの磨きが必要です。新たな表現方法や声のトレーニング、IT技術の習得など、自己を高める努力を怠らずに新しいものに挑戦していく人は成功します。

④コネクションの築き方と人脈の活用

これは一般の人はわかりずらいことですがフリーアナウンサーになると、コネクションの築き方と人脈の活用ができるかどうかでその後が成功するか失敗するかが決まる場合があります。あまり人気がなかったアナウンサーでも業界内外の関係者との交流を積極的に行い、仕事の機会を拡大する努力を怠らずに取り組んでいる人は成功しています。

まとめ

放送局のアナウンサーからフリーアナウンサーへの転身には、メリットとデメリットが存在します。自由なスケジュールや働き方の選択肢の広がり、キャリアの幅を広げるチャンス、収入の向上や収入源の多様化などのメリットがある一方で、不安定な収入や仕事の不安定性、自己責任の増加や独自のブランドを築く難しさなどのデメリットも存在します。転身を考える際には、注意点や成功のためのポイントを押さえ、充実した未来を実現するための準備を行う人とそうでない人がいます。しかし、アナウンサーの可能性を広げる新たな一歩を踏み出す方にとってはフリーになることは自分を高め、新たな可能性が見えてくるものです。フリーになったアナウンサーがその後どうなったか?成功することに期待したいものです。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。