ボイストレーニング!滑舌が弱い人のための早口言葉の練習方法

2024年5月2日講師Blog,練習

外郎売

はじめに

滑舌が弱い人にとって、早口言葉はボイストレーニングに役立つことはご存知でしょうか?この記事では、滑舌が弱い人向けの早口言葉の練習方法についてご紹介します。滑舌を改善し、はっきりとした発音を身につけましょう!

早口言葉とは何か?

早口言葉とは、一定のリズムやスピードで早く発音する特殊な言葉のことです。多くの日本の早口言葉は、同じような音節を繰り返すことでタンポポの綿毛のようなイメージを生み出します。

滑舌が弱い人が抱える悩みについて

滑舌が弱いと、はっきりとした発音ができず、相手に伝わりにくいことが多いですよね。言葉が詰まったり、カタカナ語がうまく発音できなかったりと、コミュニケーションにおいても悩みの種です。

早口言葉の練習方法1:「外郎売り」を使った練習

1つ目の練習方法は、外郎売りです。外郎売りは、普段から繰り返し練習することで滑舌を改善するのに効果的です。

「外郎売り外郎売り、今日は何色の外郎を売るんですか」という早口言葉を繰り返し発音してみましょう。最初はゆっくりと、徐々にスピードを上げていきます。耳で確認しながら自分の発音をチェックし、滑舌の改善を図りましょう。

早口言葉の練習方法2:ら行の早口言葉を使った練習

2つ目の練習方法は、ら行の早口言葉です。ら行は舌の動きが特徴的で、滑舌の改善に効果的です。

「軍艦日本一艦艦長」や「三枚舌は無いか?」など、ら行の早口言葉を繰り返し発音してみましょう。徐々にスピードを上げていくことで、舌の運動能力や滑舌が向上します。

早口言葉の練習方法3:徐々に速度を上げて練習する

3つ目の練習方法は、徐々に速度を上げながら練習することです。最初はゆっくりと発音し、徐々に速度を上げていきます。

例えば「唐津の綿津見、津津浦浜で津津浦浜に綿津見たいな、見たんでない津津浦浜ないい綿津見たいな!」という早口言葉の練習を試してみましょう。最初はゆっくりと発音し、慣れてきたらスピードを上げていくことで、滑舌が改善されます。

滑舌の練習に役立ついくつかの早口言葉の例

滑舌が弱い人のためには、ゆっくりとした早口言葉から始めて、徐々に速さを上げていくことが効果的です。

  1. 赤巻紙、青巻紙、黄巻紙。 (あかまきし、あおまきし、きまきし。)
  2. 賢い鶏は金の羽毛を持っています。 (かしこいにわとりはきんのはもうをもっています。)
  3. 早起きの鳥は虫を捕まえます。 (はやおきのとりはむしをつかまえます。)
  4. 青い空、白い雲、赤い花。 (あおいそら、しろいくも、あかいはな。)
  5. 忙しい母は綺麗な花を買いました。 (いそがしいはははきれいなはなをかいました。)

これらの言葉は、発音や滑舌を向上させるのに役立ちます。繰り返し練習することで、口の動きや舌の使い方が自然になり、滑舌が向上するでしょう。

早口言葉の練習のポイントと注意点

早口言葉を練習する際には、以下のポイントと注意点に気を付けると効果的です。

  • 徐々にスピードを上げる:最初はゆっくりと発音し、慣れてきたら徐々にスピードを上げていきます。
  • 正確な発音を意識する:滑舌が悪いときは、特に発音を正確にすることに意識を向けましょう。
  • 口の筋肉を鍛える:口の筋肉を鍛えるために、日常的に唇や舌の体操を行うと効果的です。

まとめ

滑舌が弱い人にとって早口言葉は、ボイストレーニングの効果的な方法です。この記事では、外郎売りやら行の早口言葉など、実際の練習方法をご紹介しました。ぜひ試してみて、滑舌を改善しましょう!滑舌の改善によってはっきりとした発音ができるようになり、コミュニケーション力も向上するはずです。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2024年5月2日講師Blog,練習滑舌,,舌の回り,早口講師Blog,練習,滑舌,,舌の回り,早口

Posted by otake