滑舌の練習で「ラ行」や「サ行」を強くする方法〜舌が上手く回らない声でも、明瞭な発声に磨きをかけよう〜

2023年10月21日

はじめに

滑舌が悪くて声が聞きづらいと感じている人も多いですよね。「ラ行」や「サ行」などの発音は特に難しく、順調に発声することができないこともあります。そこで、今回は滑舌の練習方法を紹介します。滑舌を向上させることで、「ラ行」や「サ行」を強くすることができますよ!

滑舌の重要性について

滑舌とは、言葉を滑らかに正確に発音することです。滑舌が良くなると、声が明瞭になり、相手に伝わりやすくなります。特に「ラ行」や「サ行」ははっきりと発音する難しさがありますが、滑舌をたしなむことで解決可能です。

滑舌を向上させるための具体的なトレーニング方法

滑舌を鍛えるためには、練習が重要です。毎日少しずつ練習することで効果が期待できます。

  1. 口の筋肉をほぐす
    舌を上下左右に動かし、口の中の筋肉をほぐします。これにより、滑舌をスムーズにすることができます。
  2. 文章をゆっくり口に出す
    「ラ行」や「サ行」の発音が苦手な人は、普段からゆっくりと文章を発声する練習をしましょう。言葉を大事に紡ぐことで、滑舌を鍛えることができます。
  3. 文章を早口で言う
    発声が慣れてきたら、徐々にスピードを上げましょう。しかし、滑舌が悪くても無理に早口で話す必要はありません。自分のペースで徐々に慣れていくことが大切です。

「ラ行」や「サ行」の発声のポイントについて

「ラ行」や「サ行」は、舌の位置や息の使い方に注意が必要です。

  1. 「ラ行」の発声
    舌を上顎に押し付けながら、喉から声を出しましょう。舌が上手く動かない場合は、鏡を使って自分の舌の動きを確認することも有効です。
  2. 「サ行」の発声
    舌の先を上の歯茎に触れるようにして、息を吹き出しましょう。舌が当たる位置がそれほどないので、意識して発声することが肝心です。

声を聞きづらくしてしまう原因と対策について

滑舌の問題以外で声が聞きづらくなる原因もあります。たとえば、緊張や声の抑揚のなさ、口の閉じ方などです。これらを改善するためには、自分の声を録音して聞き返したり、先生や友人にアドバイスをもらうことが重要です。

まとめ

滑舌の練習をすることで、「ラ行」や「サ行」を強くすることができます。舌が上手く回らない聞きづらい声でも、滑舌の改善に取り組むことで明瞭な発声に磨きをかけましょう。日々少しずつ練習をすることで、滑舌の向上を実感できるはずです。ぜひ、試してみてください!

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2023年10月21日講師Blog,練習滑舌,外郎売

Posted by otake