息継ぎなしのニュース原稿(ロングトーン30秒を目標に)

2024年5月14日講師Blog,練習

はじめに

息継ぎなしのニュース原稿を読むためには、プロのニュースキャスターなどが使用するテクニックを学ぶことが役立ちます。以下は、息継ぎなしでニュース原稿を読むための一般的なガイドラインです。

原稿を読む前に知っておくこと

原稿を読む際に「長音」は、特定の文脈や演技のスタイルに応じて使われます。長音は音声や朗読において、言葉や文章の一部を強調し、感情を表現するために用いられます。

原稿読みを勉強したい人に向けて、息継ぎなしでニュース原稿を読む方法について解説します。ロングトーンとは何か、なぜ息継ぎなしで読むことが重要なのかを説明します。

前もって練習:

ニュース原稿を読む前に、原稿全体を事前に練習しましょう。文の構造や発音がスムーズになるように、何度も練習しましょう。

適切なペース:

ニュースを読む際、適切なペースを保つことが重要です。速すぎず、遅すぎず、聴衆が情報を理解できる速度で読むように心がけましょう。

呼吸のコントロール:

呼吸は非常に重要です。深呼吸を行い、息を整えておくことが、長時間の原稿を読む際に役立ちます。また、適切なタイミングで呼吸を取り入れることが大切です。

文章の区切り:

文章の区切りや文末に向けて、自然なポーズや休憩ポイントを設けましょう。これにより、長文を読む際に聴衆に休息を与えることができます。

強調とイントネーション:

重要な情報やポイントに適切な強調を加え、適切なイントネーションを使いましょう。情報の重要性や感情を伝えるために役立ちます。

誤読の回避:

誤読を防ぐために、原稿を注意深く読むことが大切です。読む前にテキストを確認し、難しい言葉や名前を正確に発音できるように練習しましょう。

訓練と経験:

息継ぎなしで長文を読むスキルは、訓練と経験によって向上します。練習を重ね、実際の放送や朗読の機会を増やすことが大切です。

プロの指導:

ニュースキャスティングや朗読のプロから指導を受けることも役立ちます。フィードバックやアドバイスを受けることで、スキルを向上させることができます。

以下の原稿は赤い字の部分は切ることができません。息継ぎなしで一気に読んでみましょう。途中でどうしても切ってしまう場合は、長音(ロングトーン)の練習がまだ足りません。「あー」を30秒目標に練習しましょう。

まとめ

息継ぎなしのニュース原稿の読み方は、熟練と訓練を必要とするスキルですが、実践を重ねることで向上できます。しっかりと練習し、自信を持って原稿を読むように努力しましょう。ニュース原稿の読み方は練習次第で上達します。ぜひ実際に試してみて、スムーズな読み上げを身につけてください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

会員登録で練習原稿を
毎週お届けします!

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

2024年5月14日講師Blog,練習息継ぎ,間の取り方講師Blog,練習,息継ぎ,間の取り方

Posted by otake